MENU

一般内科

Internal Medicine

一般内科INTERNAL MEDICINE

一般内科の診療

当院では、麻酔科医と集中治療医の経験を生かし、全身管理を中心とし、横断的な専門領域にこだわらない全人的な医療を心がけます。また、下記の症状・疾患にお示しするように、保存的・予防的医療に重点をおきます。

さらに当クリニックでの内科治療の限界を判断し、セカンドオピニオンや手術療法を含めた病診連携を行います。

  • 発熱
  • 頭痛
  • 花粉症
  • アレルギー性鼻炎
  • インフルエンザ
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • 生活習慣関連(高血圧、高脂血症、痛風、高尿酸血症、肥満、メタボリックシンドローム等)
  • 貧血
  • 喘息
  • 肺気腫
  • 尿漏れ
  • 尿失禁
  • 不整脈
  • 動脈硬化

など内科一般の診察を行います。

風邪

鼻や喉に感染することで炎症が起こります。
症状は様々ですが、鼻水や鼻づまり、頑固な咳、のどの痛みやそれに伴う発熱等で、原因の9割以上がウイルスによるものです。

また、基本的にはそのままでも軽快しますが、細菌感染で抗生剤を飲まずに放置すると心臓の弁に付着するなど怖いケースになってしまう事もあります。

しっかり治さないと気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、治ったと思って無理をせず、しっかり完治するまで来院されることをおすすめします。熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが大切です。

アレルギー性鼻炎(花粉症)

スギやヒノキの花粉をはじめとする、花粉症の原因物質(アレルゲン)が鼻の粘膜や目に付着することでアレルギーが起こります。目のかゆみや涙が止まらない、鼻汁、鼻づまり、咳が主症状です。

中高年になって花粉症が軽くなり自然に治っていく方がいますが、若いうちに花粉症が自然に治ることは、残念ながらほとんどありません。さらに花粉が飛んでいる時期に症状を放っておくと、症状が悪化して治療しても症状を抑えるのが難しくなってしまうので、早めに治療を開始することが大切です。

当クリニックでは内服薬でコントロールできる内はお薬で、つらい花粉症の場合は星状神経節ブロックを選択肢としております。さらに、内服では効果がなかったり副作用がつらかった時、根本的治療として舌下免疫療法も行っております。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。風邪よりも急激に発症し、症状が重いことが特徴です。

健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。多くは自然治癒いたしますが、気管支炎や肺炎などの合併症を発症しやすく、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザウイルスの感染力は強力で、冬の時期が多いですがいったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。二次感染や合併症の予防のために、できるだけ早く受診することが大切です。当クリニックではご希望があれば検査を行い、タミフルを含めた治療薬を処方したり、全身状態に合わせて治療をいたします。

高血圧

日本には4300万人の高血圧の患者様がいます。そのうち治療を受けていない人は1800万人いると言われています。受診しない理由として、「たまたま高かっただけだ」とか「仕事が忙しくて受診できない」などがあります。

血圧が高い状態が続くと、血管の壁に圧力が掛り、その結果、血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。

また脳卒中のリスクは、収縮期血圧が140mmHgまたは拡張期血圧が90mmHgを超えると超えない人に比べて3倍になり、収縮期血圧が180mmHgまたは拡張期血圧が110mmHgを超えると8倍になります。

さらに、脳卒中だけでなく、認知症や心筋梗塞、腎不全のリスクも高くなっていきます。高血圧は見逃がせない病気なのです。

高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因、食生活(塩分の高い食事)、喫煙をしている、飲酒が多い、運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。

動脈硬化は心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などを引き起こす可能性が高くなります。性質が悪いことに、この病気は自覚症状がないため放置され、進行してしまいます。コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、運動療法や内服薬を使って悪玉コレステロールを減らすことを目的とします。

高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や運動不足、喫煙・過度の飲酒、甲状腺、腎臓・肝臓が悪い場合、糖尿病などの内分泌地疾患、薬剤性などが考えられます。

糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。

膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を肝臓や筋肉、脂肪細胞の中に取り入れ、その結果血糖値が下がるという役割を果たしています。しかし、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、慢性的に血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。

血糖が高いと、血中のブドウ糖が全身の血管を傷つけてしまい、腎臓が悪くなったり目が見えなくなったり、手足にしびれが出てきたりします。さらに体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。症状として、のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどがあります。

原因としては、内蔵型の肥満や、高血圧、高脂血症、喫煙、遺伝などが挙げられます。血液検査が早期発見・管理に役立ちます。

骨粗鬆症

加齢や薬の副作用などによって骨密度が低下する病気です。女性ホルモンの低下とかかわりが深いため、40代以降の女性では早めの骨密度検査をお勧めします。

骨粗しょう症の治療の目的は骨密度の低下を抑え、骨折を防ぐことにあります。薬物療法、食事療法、運動療法を平行して行い、骨密度を高めましょう。