MENU

ペインクリニック・
神経ブロック治療

Pain Clinic

ペインクリニックPAIN CLINIC

ペインクリニックは痛み(ペイン)の診断、治療を専門としています。ペインクリニックでは、神経ブロック療法を中心に、レーザー治療や薬物療法を用いて痛みの治療を行います。肩こり、腰痛、膝痛、足の痛みなど、対象は多岐にわたります。

◎主な対象疾患・症状

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 五十肩
  • 坐骨神経痛
  • ぎっくり腰
  • 頚椎・腰椎椎間板ヘルニア
  • 肘・膝の痛み
  • 運動や使い痛み
  • 足のこむら返り
  • 足のしびれ
  • 手術後の痛み
  • 帯状疱疹など疾患に伴う痛み
  • 突発性難聴
  • 顔面神経痛
  • アレルギー性鼻炎など

神経ブロック治療

神経ブロック注射

神経ブロックは、痛みの原因となっている神経の周囲や神経に直接、神経の興奮伝導を鎮める局所麻酔薬や炎症を抑えるステロイドを投与し、強い痛みを抑える治療法です。

薬の内服で効果が出ない場合や、手術後も改善しない場合に有効です。もとより局所麻酔薬はその名のとおり痛みのある部位にのみ注射をするので、副作用は内服薬を服用するよりもはるかに少なく済むというメリットがあります。

なお、当クリニックでは超音波装置やX線透視装置を用いて安全に確実に目的部位に運針いたします。

神経ブロックの種類や施行する回数は、痛みの原因や症状、部位によって異なりますが、繰り返し行う事で、痛みを起こす神経の周りの筋肉や関節などの炎症を抑え、血流を改善することにより、徐々に痛みを軽減していきます。神経や痛みの原因とされる部位を手術で切除したりする事はありません。

痛みに対して効果があるだけではなく、全身の血行改善を行い、血液中の栄養分と共に自然治癒力を助ける免疫物質を全身に供給するので、多くの病気に効果があります。

トリガーポイントブロック

トリガーポイントとは、肩や腰などの痛みで特に強く傷みを感じるポイント(押すと痛い部分)のことです。トリガーポイントブロックとは、一般的な麻酔注射のイメージです。多くのトリガーポイントは、直接的な外傷や慢性の筋肉疲労などが原因で発生し、筋肉、または筋膜が緊張している部位に存在します。

長時間、同じ姿勢や無理な姿勢を続けるなどして、慢性的に筋肉に負担がかかるようになると、筋肉の中に硬いしこりのような部分ができます。その部分がトリガーポイント(強く傷みを感じる点)です。このトリガーポイントに局所麻酔薬やステロイド薬を注入して、痛みを取り除く方法がトリガーポイントブロックです。

痛みの悪循環を遮断し、血流を改善や筋肉の緊張を和らげ、体内の痛みの原因となる物質を除去します。ポイントは、慢性的に痛みが形成される前に早めに処置を行う事が大切です。

◎対象疾患

  • 肩や腰のこり
  • 緊張型頭痛
  • 腱鞘炎
  • 肩関節周囲炎
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症など

硬膜外ブロック

脊椎のトンネル内を通っている脊髄の周辺に局所麻酔薬を注入する方法です。

脊髄は硬膜という文字どおり強固な膜によって守られています。その膜の外側の硬膜外腔というスペースにブロック用の針を進め、局所麻酔薬を注入し、脊髄から分岐した脊髄神経根に流入する異常な神経伝達を遮断する事で、脊髄付近の炎症を鎮め、痛みを和らげます。

◎対象疾患

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • すべり症
  • 慢性腰痛
  • 骨粗鬆症による腰痛
  • ぎっくり腰
  • 坐骨神経痛
  • 帯状疱疹関連痛など

Fasciaリリース(筋膜リリース)

筋膜や靭帯の癒着や委縮により起こる「こり」や痛みに対して生理食塩水を注入し、動きを滑らかにする注射です。

◎対象疾患

  • 筋・筋膜性疼痛症候群(肩や腰の慢性的なコリや痛み
  • 手根管症候群など

肩甲上神経ブロック

肩疾患全般に行うブロック療法です。四十肩・五十肩などの肩の痛みに効果が期待できます。

肩甲上神経は肩関節・肩甲骨周辺・腕などの近くや運動を司っているので、この肩甲上神経が存在する場所を麻痺させ痛みを遮断させます。

対象疾患

  • 四十肩・五十肩
  • 肩関節周囲炎
  • 変形性肩関節症など

腕神経叢ブロック

腕神経叢ブロックは、頸椎から出た脊髄神経が腕神経叢をつくる部位に局所麻酔薬を注入します。この方法は、注射をした側の腕を動かす神経、腕の感覚神経、および交感神経を遮断する効果があり、頸部、肩、腕の痛みや血行障害を改善することができます。

◎対象疾患

  • 頸椎症
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 帯状疱疹関連痛
  • 帯状疱疹後神経痛
  • 胸郭出口症候群
  • 上肢血行障害等による痛み
  • リハビリテーション施行時の痛みの軽減

椎間関節ブロック

椎間関節ブロックは、頚椎・腰椎の関節部分に局所麻酔薬やステロイドを注入し治療します。脊椎は椎骨という小さな骨が連なってできていて、その上下の椎骨はそれぞれ関節を作ってつながっています。そこを椎間関節と呼び、背中の真ん中にふれる骨の約1.5-2cm外側にあります。

脊椎が年齢的な変化を起こすと、この椎間関節に大きな負荷がかかるようになります。関節の摩耗により炎症が局所的に生じて痛みが出てきます。関節部分なので動かすと痛み、特に腰をそらすと痛みも強くなります。

◎対象疾患

  • いわゆるぎっくり腰
  • 頚椎・腰椎椎間関節症
  • 坐骨神経痛(腰からおしりを経て足に放散する痛み)
  • 頚椎症性神経根症(首から腕への放散する痛み)など

星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック

星状神経節は首の付け根付近にある交換神経節で、ここには頭・顔・首・腕・胸・心臓・気管支・肺などを支配している交感神経が集まっているため、適応範囲が広く、神経ブロック治療の中では最もポピュラーな方法です。

痛みは、神経から脊髄を経て脳に伝達され、痛みの部位を支配する交感神経が興奮します。するとその部位の筋肉がこわばったり、血管が収縮するなどして、血液の循環が悪くなります。

そのため,その部位で発痛物質が産生され、さらに痛み刺激をするという悪循環が起こります。星状神経節ブロックは、この悪循環を遮断します。交感神経を遮断する事で筋のこわばりや痛みの伝達を抑え、交感神経が過剰に興奮している状態を改善することで,組織の循環と痛みを改善します。

さらに、神経痛だけでなく、アレルギー性鼻炎、顔面神経麻痺、突発性難聴、多汗症の治療などにも用いられます。

近赤外線照射

高出力の近赤外線を、皮膚を通して星状神経節に照射する方法です。麻酔を使う方法より効果は穏やかですが、注射や切開の必要がないため副作用や痛みがなく、負担が極めて軽い方法と言えます。