MENU

ブログ

Blog

ペインクリニックについて ~神経ブロック~


整形外科や、ペインクリニックで聞くことのある「神経ブロック」とはどんなものでしょう?

 

神経ブロックとは、神経の近くに痛み止めの注射をすることです。

痛み止めには歯医者さんで使う薬と似たような局所麻酔薬を使っています。

他に神経破壊薬という薬を使ったり、熱で焼いてしまう方法もありますが、当院では使用しておりません。

 

目標の神経は大きく2種類あります。

1つ目は痛みなどを伝える“知覚神経“でそこに麻酔薬を注入ことで痛みを止めます。

2つ目は“交感神経節”の近くに麻酔薬を注入することです。交換神経とは、興奮したりリラックスするときに働く神経で、心血管系との関係が深い神経です。そして交感神経ブロックにより血行改善効果があります。

 

これらの作用を利用して痛みをとったり、血流を改善するのですが、一番大事な事は、「痛みの悪循環を遮断する効果」にあります。

 

他に原因がある痛み(ex.外傷や手術直後の痛み:急性痛という)と違って、腰痛や帯状疱疹後神経痛などの多くの慢性痛は神経そのものや及び痛みを伝える機構が悪くなり、結果痛みを増幅させてしまいます。

ぐるぐると痛みを増幅させる負のスパイラルを定期的に断ち切ってやることで、痛み軽減、消失をするのです。

痛みのほかにも、アレルギー性鼻炎、突発性難聴などにも血流改善を目的として交感神経ブロックをします。

 

神経ブロックは、体の浅い場所に刺す場合もあれば、深い場所に刺す場合もあります。

深い場所に刺すときや、体の変形が強くて難しい場合、血管を傷つけない目的でそこでより安全に行うために、当院ではX線装置、超音波装置(エコー)を使います。

これらの機械を使用することで、使わない場合に比べて確実に、安全にブロックをすることが可能になります。

 

当院では以下のブロックを疾患に応じて行っています。

硬膜外ブロック(頸部・胸部・腰部、仙骨部)
神経根ブロック(頸部・胸部・腰部)
椎間関節ブロック
星状神経節ブロック
腕神経叢ブロック
TAPブロック
肋間神経ブロック
PECS2ブロック
筋膜リリース注射
トリガーポイント注射   など

 

当院では様々なブロック治療を取り入れて、満足・納得のいく治療を心がけております。

お悩みの方はぜひご相談ください。

 

 

大阪市 城東区 鴫野、京橋、天満橋のペインクリニック
腰痛、肩こり、頭痛、顔の痛み、帯状疱疹等様々な痛みに
神経ブロック注射、一般内科診療、健康診断、各種予防接種、点滴治療も西クリニックにご相談下さい。
蒲生四丁目、放出からも一駅。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ