MENU

ブログ

Blog

帯状疱疹〜予防や痛みについて〜


みなさん、こんにちは。院長の西です。

今日は帯状疱疹ワクチンについて説明します。
帯状疱疹ってどんな人がかかるのかな?

帯状疱疹って予防できるのかな?

と言う疑問を持たれた方、いらっしゃいますよね。

50歳をすぎたら帯状疱疹の予防接種ができます。 帯状疱疹の原因は、加齢などによる免疫力の低下が主で、疲労やストレス、糖尿病やガンなどのリスクもあります。

日本人成人の90%以上は、帯状疱疹の原因ウィルスが体内に潜んでいて、80歳までに約3人に1人 が帯状疱疹になるといわれています。

1.帯状疱疹について

痛みや発疹があらわれ、80歳までに約3人に1人が発症

帯状疱疹は体の片側の一部にピリピリとした痛みがあらわれ、その部分に赤い発疹が出てきま す。痛みは徐々に増していき、夜も眠れないぽど激しい場合もあります。症状の多くは上半身に現れますが、顔や目、頭などにあらわれることもあります。

2.発症のメカニズム

★日本人成人の90%以上は帯状疱疹の原因となるウィルスが体内に潜伏している

帯状疱疹は、多くの人が子供のときに感染する水ぼうそうのウィルスが原因で起こります。水ぼうそうが治った後も、ウィルスは体内(神経節)に潜伏していて、過労やストレスなどで免疫が低下 すると、ウィルスが再び再活性化して、帯状疱疹を発症します。 発症すると、皮膚の症状だけではなく、神経にも炎症をおこし、痛みがあらわれます。 神経の損傷がひどいと、皮膚の症状が治った後も、痛みが続くことがあります。
日本人成人の90%以上は、このウィルスが体内に潜伏していて、帯状疱疹を発症する可能性があ ります。

3.主な合併症・・・帯状疱疹後神経痛(PHN)

★50歳以上で帯状疱疹を発症した人のうち、約2割は3ヶ月以上痛みが続く

神経が損傷されることで、皮膚の症状が治った後も痛みが残ることがあり、3ヶ月以上痛みが続くものを帯状疱疹後神経痛(PHN)といいます。 PHNの痛みは、「刺すような痛み」や「焼けるような痛み」と表現され、数年にわたって痛みが 改善されないこともあります。 50歳以上で帯状疱疹を発症した人のうち、約2割がPHNになるといわれています。

特に高齢者ではリスクが高く、PHNを防ぐためにも帯状疱疹の予防が大切です。

4.その他の合併症

★目や耳に症状がでたり顔面神経麻痺などの重い後遺症が残ることも

帯状疱疹は頭部から顔面に症状が出ることもあり、目や耳の神経が障害されると、めまいや耳鳴りといった合併症がみられることがあります。重症化すると、視力低下や失明、顔面神経麻痺など、重い後遺症が残る危険があります。

帯状疱疹Q&A

Q1.以前、帯状疱疹にかかったことがあるけどワクチンを摂取できますか?

A1.接種できます。1度かかった人でも、体の免疫力が低下すると、再びかかる可能性があり、帯 状疱疹の予防が大切です。

Q2.ワクチンについて詳しく知りたいのですが?

A2.帯状疱疹を予防するワクチンは2種類あります。 それぞれ特徴が違いますので、当クリニックにご相談ください。

Q3.帯状疱疹はうつる?うつらない?

A3.帯状疱疹は体内に潜伏しているウィルスが原因で発症するため、他の人から帯状疱疹としてうつることはありません。

ただし、まだ水ぼうそうにかかったことがない人は、ウィルスの感染で水ぼうそうを発症するこ とがあります。例えば、水ぼうそうにかかったことのない乳幼児には水ぼうそうもして発症する可能性があります。 水ぼうそうの感染の入院患者のうち、約3割は帯状疱疹が感染源だったと報告されています。

 

帯状疱疹について、不安のある方はお気軽に にしクリニック にご相談ください。

 

大阪市 城東区 鴫野、京橋、天満橋のペインクリニック
腰痛、肩こり、頭痛、顔の痛み、帯状疱疹等様々な痛みに
神経ブロック注射、一般内科診療、健康診断、各種予防接種、点滴治療も西クリニックにご相談下さい。
蒲生四丁目、放出からも一駅。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ