MENU

ブログ

Blog

頚椎椎間板ヘルニア ~首肩の痛み~


悩んでいる方の多い首・肩・腕の痛みの原因となる疾患は、頚椎椎間板ヘルニアや頸椎の変形に由来する頚椎症頚髄症、頚椎と頚椎が作る椎間関節と言われる場所や肩の関節によっておこる関節症、脊髄から分かれた神経(末梢神経)の障害など、非常に多彩です。

重い頭と躯幹を連結している頚椎は、解剖学的にも負荷がかかりやすく、そのうえ外からの力や加齢によっても構造的に変化していきます。例えば椎間板が劣化していったり、骨がすり減ったり棘ばったりもろくなったり、周りの靭帯が分厚くなったりします。構造物の変形が神経を圧迫することで痛みが慢性的に生じたり、激痛になったりします。

また、頚神経は一部の脳神経とも密接な関係を保っており、頚神経の障害は眩暈や耳鳴、顔面痛などの脳神経症状をもたらすこともあります。

 

頚椎椎間板ヘルニアというのは、頚椎椎間板の中にある髄核が脊髄のある脊柱管内というところにとび出る病態です。

 

頚椎は7つの骨で構成されていて、骨と骨の間にあるゴムパッキンのようなクッションの役目を果たすものが椎間板です。椎間板は若いときには弾力性がありますが、年齢を重ねるうちに硬くなり、周りがひび割れてきます。そして中身の髄核が飛び出してきてしまうのです。

良く起こる場所は頚椎の中の下のほうの椎間板で、首の付け根のあたりです。これは重い頭を自由に動かし、また支えている首の中で、最も負担のかかりやすい場所が、首の付け根だからです。

良く起こる年齢は40~50歳代で、男性に多いと言われています。

 

椎間板ヘルニアは脊柱管内にとび出る方向や大きさにより、症状は異なります。

神経根といって脊髄から腕のほうに伸びていく神経の根っこの事を指しますが、これを圧迫すると首から肩甲骨周辺、脇、腕に激痛が走ります。

ヘルニアが大きく脊髄を強く圧迫すると腕のみならず足の筋力が弱くなったりして歩行障害をきたしたり、おしっこが出にくくなったりしてしまいます。

 

絶対的な手術の適応がない場合で、痛み止めなどの飲み薬が全く効きめのないときは神経ブロックが最もおすすめです

 

まずは最初に当クリニックに受診していただいてもいいですし、先に整形外科に受診して治療されても痛みが改善しない場合にもぜひお越しください。手術を勧められたが怖いからブロック注射を選ばれて、治られた患者様はたくさんおられます。

 

どうぞお気軽にご相談ください。

 

大阪市 城東区 鴫野、京橋、天満橋のペインクリニック
腰痛、肩こり、頭痛、顔の痛み、帯状疱疹等様々な痛みに
神経ブロック注射、一般内科診療、健康診断、各種予防接種、点滴治療も西クリニックにご相談下さい。
蒲生四丁目、放出からも一駅。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ