MENU

ブログ

Blog


皆さん、おはようございます。院長の西です。

今日は改めてペインクリニックとは何か、にしクリニックではどんな治療をしているかをお話しさせて下さい。

にしクリニックでは患者様の痛みの軽減を目標に、様々な痛みに対して神経ブロック治療を中心に薬物治療も併せたその痛みに応じた治療を行います。

神経ブロック治療はどんな痛みにも直ちに効果を表す治療ではなく、通常は痛みが少し和らいでくるまでに5-10回程度の治療が必要です。
神経ブロック治療の効果を示す痛みは、体の一部が痛い(例えば腰から足にかけての痛み、頸から肩にかけての痛み、膝の痛み、股関節の痛みなど)、いわゆる五十肩の痛み、帯状疱疹の痛み、三叉神経の痛み(顔を刃物で刺されたような鋭いズキッとした数秒程度の痛み)、片頭痛などです。

より安全な神経ブロック治療を目指し、超音波装置(エコー)やX線透視装置を使って、患者様の神経ブロック治療における合併症の不安を軽減するよ うに努めています。

その他にも、にしクリニックでは内科全般の治療や、骨粗鬆症の検査・治療もしていますが、またご紹介させて下さい。

緊急事態宣言下で、我慢を強いられる日々が続いていますが、皆さん支え合って乗り切りましょう!

 

大阪市 城東区 鴫野、京橋、天満橋のペインクリニック
腰痛、肩こり、頭痛、顔の痛み、帯状疱疹等様々な痛みに
神経ブロック注射、一般内科診療、健康診断、各種予防接種、点滴治療も西クリニックにご相談下さい。
蒲生四丁目、放出からも一駅。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ